おすすめのデザイン住宅のプランをご紹介

デザイン住宅はデザイン性の高さが特徴ですが、色んなプランがあります。最も多いのは、シンプルモダンと呼ばれるスタイルです。直線的なデザインが特徴ですが、金属感や無機質感をもつ素材を使い、フラットなシルエットを持っています。屋根は片流れ屋根やフラット屋根が多く見られます。そのシンプルモダンに和風テイストを加えて人気なのが、和モダンと呼ばれるプランです。これは素材に日本古来のものを使うことで、現代的なデザインでありながら、和風な雰囲気を味わうことができます。それに対して欧米での生活様式を楽しめるのが、ヨーロピアンスタイルです。クラシック調のレンガ造りであったり、自然素材を使っているのが特徴となります。また北欧調のスタイルも特に人気が高く、通常の工務店でも設計しています。

北欧デザインの人気の理由について

ヨーロピアンスタイルの中でも特に高い人気を誇るのが、北欧スタイルです。寒さの厳しい地域で断熱性を高めた設計が特徴ですが、日本の気候風土にも合うことで注目されています。ただし北欧は湿気がないので、日本でそのまま輸入しても、室内にこもる湿気が課題となります。そのために換気システムをしっかりと備えることが必要となります。自然素材を使っている点も、日本のエコブームに合うものですし、健康にも配慮されるので安心して住める利点があります。使用する材料も、十分に乾燥させた輸入木材を使うことによって、耐久性の高い構造にすることができます。国産の木材のような香りはありませんが、年月の経過による変形も少ないので、特に高い技術を必要とせずに施工が簡単に行える利点もあります。

都市部で増えている都市型のデザイン住宅について

デザイン住宅は元々都会的なイメージがあるものですが、都市部でその数を増やしています。これは狭い敷地でも建設できるものですが、極めて高い設計と耐熱技術が求められることになります。デザイン性は機能美につながるものとなっています。プライバシーを確保するために、ボックス型となる設計が多くみられます。その上で、自然の光や風をいかに取り込むかに工夫した設計が特徴となっています。見た目は極めてシンプルですが、基本性能が高く、耐震性や断熱性に優れるものとなります。その上で、住みやすさを向上させるために工務店や設計事務所がアピールすることになります。このようにデザイン住宅には実に色んなタイプのものが用意されているので、好みや住み心地で自由に選ぶことができます。