デザイン住宅にはどれくらいの費用が必要か

一戸建て住宅を新築する場合には建売住宅や分譲住宅には見られないような独自のデザイン的にすぐれた住宅を建てたいと考えるものです。住宅雑誌とかを開いてみると魅力的な住宅を発見するものでこういう住宅を建ててみたいと思うものです。その場合には敷地面積も広く緑に囲まれた環境に建つものも多く見かけるものですが、実際には土地を探すにもなかなか適当なものが見つからず、しかも地価が高いために広い土地が手に入らない場合も多いものです。従って現実的には敷地の広さとか用途地域による建築基準法上の制限を受けたりしてなかなか思うような夢が描けない場合も多いものです。しかし土地が狭ければ狭いなりにその土地の形状や向き、高低差、道路とのつながりなどを考慮してその環境に合った住宅を建てることも不可能ではないものです。

デザイン住宅は自由な発想で建てられるものです

デザイン住宅に別に定義があるわけではなく自由に発想を持って作ることが出来るものです。最近は少子高齢化から家族の数も少なくなって来ていて、敷地が広ければ平屋建てを建てることも合理的な考え方になっています。デザイン住宅は敷地の状況に制限がある場合とか、予算に余裕がない場合とかも、坪単価の予算の考え方をしなければそれに合わせて計画し建てることも可能になっています。土地が決まったら敷地の形状や陽当たりとか通風に配慮し、隣家との距離や2階建ての場合は窓などの位置にも注意してプランニングを進めて行きます。大切なことは間取りに機能性があり、動線が最短距離でしかも合理的に部屋同士がつながっていて使い勝手が良いように計画することが要求されます。出来ればバルコニーやベランダ部分にも出られ、鉢植えなどを置ける部分などあれば良いものですし、アイデアも取り入れて趣味に関してもそれを生かせるスペースが取れれば申し分ないものです。

坪単価を落とすのでなく予算を調整する方法はあります

デザイン住宅はインテリアやエクステリアと同時並行的に計画を進めると全体的に統一感のあるものに持って行けるものです。又、機能的であれば自然とデザイン面から見てもバランスのとれたものに仕上がるという考え方もあり、別に無駄な部分を作ることでそれが達成できるわけでもないものです。これに関連して来る要素としてはプランと外壁の素材や色とその仕上げ、屋根のかけ方や玄関回りの構え方、軒の出や窓部分のデザイン、化粧梁や部分的なアールや曲面などの装飾、ドーマーやトップライト、そして樹木や植栽、エクステリアとのコーディネートも大切になります。予算はオーバーしがちなものですが、壁部分の総長さを減らしたり、建具の数量を減らす、あるいは水回りを1ヶ所にまとめるとか照明器具やコンセントの数量を減らすなどすると予算もある程度調整できるものです。