映像制作会社を利用した場合の制作期間と費用について

映像作品を作ることに関して、今では企業だけでなく、個人向けにも映像を制作してくれる会社が増えました。企業に関していえば、サービスや商品のPRなどに重要になってくるのが動画制作です。また、個人的に結婚式などで使用するような映像制作を考えた時にも、家庭用のビデオや最近ではスマートフォンを使用した動画の制作も身近になってきていますし、自作するのに簡単な機材やソフトも手に入れやすくなりました。しかし、これら映像制作を専門の会社に頼むことにより、それなりのメリットも期待できます。それは映像制作の目的にもよりますが、自己満足で作るだけでなく、情報をたくさんの人に伝えたい時や理解してもらいたい時にはプロに任せることもおすすめです。そんな、映像制作を専門の会社に依頼することにより発生するメリットについて紹介します。

映像制作を会社に依頼するメリット

自作で動画を作ることにより、コスト削減や、専門の会社に依頼する際にかかる手間なども省くことが想定されます。しかし、誰でも動画を専門サイトなどで簡単に視聴できる時代になった今では、映像の仕上がりに気をつけなければなりません。映像の出来栄えを軽視してしまった結果、時間がかかってしまったり、想定外のコストや手間が結局かかってしまうといったケースも挙げられます。映像制作を行う専門の会社では、いきなり撮影開始するのではなく、動画制作の目的やターゲット、コンセプトなど、中身を明確にします。ストーリ性やインパクトあるアイデアを提案し、プロならではの知識と経験で制作してくれるので安心です。プロならではの技術力の高い作品に仕上げるための機材や編集ソフトも揃っているので安心して任すことができます。

映像制作にかかる費用や期間について

一般的に、会社や団体が宣伝やプロモーションなどを目的とした動画を制作する際には、安くても10万円、高いものだと100万円以上になるとも言われています。ただ安いから良いといって安易に決めてしまっては、それなりのクオリティになってしまうので注意が必要です。安いプランでは、映像に使用するための素材は自分達で調達した上で編集だけしてもらうといった場合もあります。映像作品をアニメーションにする場合、絵コンテから費用がかかってきますし、今流行りのドローンを使った撮影やナレーションが必要な場合はその費用も考えなければなりません。また、映像制作にはキャスティングなどの撮影までの準備に1ヶ月、撮影終了後の編集作業に1ヶ月は必要と言われているので、それくらいの期間を想定しておく必要があります。